神戸でマインドフルネス瞑想を体験したい方へ ~マインドフルネスとは~

ストレスケア・ストレスコーピングの1つであるマインドフルネスを、簡単に理解できる内容です。
マインドフルネスとは何か、知って得する関連知識、やり方教室から受けられる場所の紹介まで、マインドフルネスに興味がある方は必読です。

今すぐプライベートレッスンを受けたい方はこちら>>

マインドフルネスとは


マインドフルネスとは……

いわゆる「瞑想」から、宗教的な要素を取り除いたものです。

瞑想を体験されたことはありますか?

ヨガなどで受けたことがあるという方もおられると思います。
そもそもヨガというのは、「瞑想」に入るための準備運動と言われております。
その準備運動「ヨガ」のほうがメジャーですが。。
ですので、どうせヨガに通うなら「瞑想」まできっちりされているところがお勧めです。

マインドフルネス瞑想の目的

ストレスによって硬くなってしまった心をほぐし、許容力をUPするトレーニングと言われております。
つまり「ストレスに対する強さ」を鍛えるということですね。

一般的に我々の頭の中では、飛び交う膨大な情報量により、あれこれと考えすぎてなかなか心休まる時間を持てませんし、
日常ではずっと「不安・プレッシャー・人間関係・評価・睡眠不足・運動不足」などにより、どうにもならないことまで考えてしまいます。

そこでマインドフルネス瞑想を日常に取り入れれば……
簡単に脳をリフレッシュし再起動することができます。

マインドフルな状態とは

例えばあなたが、池の中に住んでいる『ナマズ』だったとしましょう。

お腹が空いたので、小魚を追いかけています。

しかしなかなか捕まえられません。
あなたはイライラしてきて、激しく追い回します。

すると、池の底の泥が舞い上がり、どんどん視界が曇っていきます。
そのせいで余計に小魚を捕らえることができません。

こんな時、どうしますか?






「じっと動かず、視界がクリアになるまで待つ」

そうなんです。
これって、人間の脳内も同じですよね。
様々な雑念によりごちゃごちゃになってしまっている頭の中を、一度リセットするためマインドフルネス瞑想を行います。

今この瞬間の五感だけに意識を向ける……
これこそが「雑念を持たず、リラックスし、集中して研ぎ澄まされている、マインドフルな状態」です。
例えば、一心不乱にもくもくとプラモデルを作っている……なんていうのも一種のマインドフルな状態と言えます。
この状態は、最も自分の力を発揮できる状態とも言われております。

侍のようにじっと堪えて隙を探し、小魚が現れたらピャッと飛びかかれそうですよね。

マインドフルネスを研修で

マインドフルネス瞑想により集中力や創造力が高まった状態は、ビジネスにおいても発揮されます。
ですので、様々な世界の大企業がマインドフルネスを研修に取り入れております。

・グーグル
・インテル
・ナイキ
・フェイスブック など

スポーツ界でもイチロー選手やテニスのジョコビッチ選手なども毎日されているとニュースにもなっておりました。

なぜ世界の企業がこぞってマインドフルネス瞑想を取り入れているかというと……

マインドフルネスの訓練、療法

世界の企業がマインドフルネスを研修で取り入れて訓練しているのは、
マインドフルネスによる不安やストレスの軽減効果が、科学的に実証されたからなのです!

MRIを使った研究で、マインドフルネス療法を続けた人は脳の海馬などの密度が増加したという研究報告があります。
脳の変化が画像で証明されているのです。

その他にも、
・記憶力と学業成績を向上させる。
・意思決定能力を高める。
・減量や健康的な食生活に役立つ。
・ストレスを減らす。
・不安やうつ病の軽減。
・身体の不調にいち早く気づけ、病気の早期発見にもつながる。 など
が、文献として発表されています。

世界にIT革命を起こしたスティーブジョブズも、休憩時間によく公園でマインドフルネスをしていたそうです。
来日した時などはお気に入りのお寺で瞑想にふけり、頭の中をリセットして集中力やクリエイティブさを養っていたのも有名です。

つまり健康な心身は人間力や収入にも直結するということです。

ストレスチェックの義務化

マインドフルネスはストレスを減らす効果が実証されています。

平成27年12月、厚生労働省より法案で、従業員50人以上の企業はストレスチェックが義務化されています。
ストレス社会と言われている現代、今後、全ての企業が義務化されるともいわれております。

ストレスチェック、受けていますか?

ハローワークのデータでも、離職理由のナンバーワンはダントツで「ストレス」となっております。
体調を崩して仕事を休む、仕事を辞めないといけなくなる、というのがやはり「1番のリスク」だと思います。
そうならないためにも、健康というところに対して、対策をしていかないといけません。
しかし、まだまだ予防医療に対して日本では認識が低いですが、グーグルを始め、世界の企業は、どんどん取り入れています。

それだけ「人が大事」ということに気がついているから。

そういったことがやはり日本はまだまだ遅れていますけれど、
私達はこうゆうことをもっと広めていきたいし、頑張る人、チャレンジする人ほどやっぱり健康にもっと気遣って欲しいです。

求人から採用にかかるコストは1人あたり平均いくらぐらいだと思いますか?






なんと1人当たり平均約55万円です!!
それに比べるとストレスケアは離職を減らせる先行投資としては結果的に安いものになります。
体調が悪いから行けませんという人たちを減らしていくことによって、会社のマンパワーも上がっていくと思いますので、
ぜひストレスケアとしてマインドフルネスを導入しましょう。

マインドフルネス講座・教室


当院でも定期的にマインドフルネス教室やセミナーを開催しております。

>>マインドフルネスセミナー・やり方教室のご案内

>>出張ストレスチェック&出張マインドフルネスセミナーはこちら

マインドフルネスのやり方

それでは一度やってみましょう。

①マインドフルネスは集中しやすい、リラックスできている姿勢で行うことがベストです。
ですので横になっていても、座っていても構いません。
もちろんあぐらの姿勢でないといけないというわけでもありません。
椅子に座っていても全然構いません。

②その状態でそっと目を閉じる、またはうっすらと目を開けて少し先をぼんやりと眺めます。

③そして大きくゆっくりと深呼吸します。
まずはこの呼吸を3分間続けて行います。

④そして、この時に頭の中を空っぽにして瞬間瞬間に沸き起こってくる考えや感情に気づきましょう。
 

 ……上手くできましたか?

きっと中には「〇〇しないといけないな」とか「残っている仕事どうしよう」とか
「今日の晩御飯何にしよう」など人によっては色々だと思いますが
雑念が浮かんできてしまった方も中にはおられると思います。
雑念が浮かぶ時というのは何か心配事があったり、イライラなどで
心が不安定な時とも言われています。

マインドフルネスの呼吸法

上記のマインドフルネスの方法が難しかったという方には、実は呼吸でも行える方法があります。
先ほどの③の項目、深呼吸です!!

しかも普通の深呼吸ではなく腹式呼吸で行います。

外からたくさんのエネルギーを鼻から吸い、その空気が鼻から喉を通って肺へと送り込まれるのを感じましょう。
空気を吸った時はお腹もめいいっぱい膨らまし、たくさんの空気を取り込みましょう。
そしてその空気が、ゆっくりゆっくり身体の外へ出ていくことを感じます。
はいた時はお腹と背中がひっつくぐらいまでお腹をへこませます。
へこませた際には今まで自分の中にあった嫌なものも一緒に吐き出しましょう。
行っているときは呼吸に意識を向けます。

マインドフルネスのお勧めアプリ・本・教材

実際に本物のマインドフルネスを体験してみたい方へ


当院ではなかなかセルフで実践するとなれば難しいマインドフルネスを、もっと簡単に取り入れられるようにマンツーマンで行っていきます。

その人その人に合っているものをご提案させて頂きます。
例えば、

【ボディスキャン瞑想】
マンツーマンで行うマインドフルネスの醍醐味を感じて頂けます。
セラピストが意識が集中しやすいように誘導しますので
実際に受けられた方からは「頭が空っぽになった!」「集中しやすい!」という
喜びのお声をたくさん頂いております!!

【キャンドル瞑想】
こちらは短時間集中タイプのマインドフルネスです。
パソコンやスマホを使うことが多い社会ですので、
「仕事の休憩中にしたい」とか「自分でマインドフルネスをするのが難しい、雑念が浮かんでしまう」
という方にご提案させてもらっております。

【脳ほぐし】
詳しくはこちら>>

【瞑想浴】
etc..
いくつかマインドフルネスの方法もございます。
同じ人間でも職業や生活スタイルは様々ですので、
しっかりカウンセリングを行ったうえで、過去に2万人以上を施術してきたセラピストが、
その人だけの【オーダーメイド】をコーディネートさせて頂きます。

詳しくはこちら>>

また、トリガーポイントマッサージで根本からアプローチするボディケアも人気です。
トリガーポイントマッサージで首肩こり腰痛の緩和>>

沢山の体験談を頂いております。
術後アンケート集

美容のためのストレスケア
【鍼灸スタイルフルネス】はこちら>>

ほぐし&ストレッチ定額コース登場
【リラックすとれっち】特設サイト>>

兵庫県神戸市中央区八幡通4-1-18
ストレスケア専門院
スタイルフルネス 神戸三宮
電話:078-200-3133

●お問合せ●


どんな内容でもお気軽にお問い合わせください。