お家でできるストレッチ


9月に入り、過ごしやすい気温になってきました。
そんな中、新型コロナの影響で「STAY HOME」と言われ、自粛モードがずっと続いています。
在宅勤務やお休みなのに外に出れない。
「いい天気なのに」や「家ですることが無い」などネガティブになってしまいがちです。
当院でもお客様から「家でなにかすることないですか~?」とよく聞かれます。
ダラダラ携帯やテレビで動画を見ているなんてもったいない!!
こんなときだからこそ、おうちで出来る「自分に良いこと」をしましょう☆

今回は最近、テレビやネットでも紹介していることが多い、運動についてご紹介します。
自粛ムードになってから多くの芸能人やアスリートがユーチューブで動画をアップしていますね☆
軽めの運動もあれば、「こんな運動無理っ!!笑」って思う運動もあります。
自分にはどんな運動があっているのか分からない方が多いと思います。

ここでご紹介するのは「効率よく運動不足解消する運動の流れ」です。
この機会にダイエットに挑戦したい!
運動不足解消したい!
気持ちよく汗をかきたい!
ストレス解消したい!
健康的な身体つくりをしたい!
家族で楽しく時間共有するために!
このような思いのあなた!!!
今日から早速LET‘S TRY☆☆

目次
○有酸素運動と無酸素運動の違い
○有酸素運動の種類・無酸素運動の種類
○ストレッチ
余談:ストレスが多い方には

○有酸素運動と無酸素運動の違い
有酸素運動とは
軽度~中度程度の運動のことです。
エネルギー源は主に体脂肪。体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させます。
体脂肪が燃焼するとLDLコレステロール減少と中性脂肪減少が期待できます。

無酸素運動とは
短時間で行う強度の高い運動のことです。
エネルギー源は主に筋肉に蓄えられたグリコーゲン(糖質)。
無酸素運動は運動強度が高いため、有酸素運動に比べて筋肉量が増えるスピードが早いです。
筋肉量が増えると基礎代謝が上がりやすいといわれています。
※基礎代謝とは・・・起きている状態で生命活動を維持するために生理的に行われている必要最低限のエネルギー代謝のとこです。簡単に言えば、何もしなくてもエネルギーを燃やしてくれるしくみであり、基礎代謝が高いほど、脂肪や糖質の燃焼を助けてくれるものです。

○有酸素運動の種類・無酸素運動の種類
有酸素運動・・・ウォーキング、軽いジョギング、ヨガ、ダンスエクササイズ、フラフープ、踏み台昇降、縄跳びなど。
POINT!
・20分以上を週3~4回行いましょう。短期間にたくさんやってしんどくなり、辞めてしますともったいないです。コツコツ続けるようにしましょう。
・肩の力を抜きましょう。
・運動中は会話が出来るくらいで調整しましょう。しんどくしすぎると有酸素運動にならないので注意しましょう。
・20分以上すると脂肪燃焼しやすくなります。徐々に時間を増やしていけるとベストです!

無酸素運動・・・短距離走、ダッシュ、筋トレ(スクワット、プッシュアップ、レッグランジ、バックエクステンション、プランク、クランチ)など。
POINT!
・「これ以上ムリ!!」まで追い込みましょう。
アドレナリンが出やすくなり、脂肪燃焼効果が高まります。
また、血液中のエネルギーも全て使おうとするため、より脂肪を使いやすくなります。
・息切れがカロリーを使いやすくなっている合図なので息切れするくらい動きましょう。
息切れすると、身体が元の状態に戻ろうとするために、運動した後、酸素を多めに取り込みます。
酸素が多いとエネルギーを使いやすい状態になるので、必然とカロリーも使いやすくなります。

※最初と最後にストレッチを忘れずに行いましょう※

ストレッチ
ここまでで有酸素運動と無酸素運動について紹介してきました。
次は運動する時に重要なストレッチについてご紹介していきます。
「ストレッチって効果あるの?」「適当でいいや」と思っていませんか?
ストレッチを侮ってはいけません。
ストレッチとは意図的に筋肉や関節を伸ばして、筋肉の柔軟性を高めたり、怪我の予防、リハビリに使ったり、疲労回復効果があります。
もう少し詳しく説明していきます。
・疲労回復効果→健康増進や体質改善に効果があり、続けることで疲れが溜まりにくくなります。ストレッチ後は副交感神経が働きリラックス状態になりやすくなります。
・可動範囲を広げる、柔軟性を高める→アスリートは自分が良く使う筋肉や部位ほど念入りにストレッチします。
野球選手の「マエケン体操」も有名ですね!柔軟性を高めて怪我予防と運動能力向上を図っています。
・ダイエット効果→筋肉のポンプ作用で血行促進効果が期待できます。ダイエットや末端冷え性にもオススメです。
ストレッチ専門店も出来ているほど注目を集めています。
当院でもストレッチは人気メニューの一つです☆(^-^)

本格ストレッチ整体を神戸で体験したい方へ

神戸三宮でおすすめのパーソナルストレッチ専門店をお探しの方へ

ちなみにダイエット目的で取り入れるのであれば、
有酸素運動→無酸素運動の順番で行うのが効果的です☆
無酸素運動の前に身体を温める事が重要であることと、目一杯無酸素運動をした後は疲れているので身体を動かしづらいからだそうです。

余談:ストレスが多い方には・・・
マインドフルネスを実践してみてください☆
この一言です(笑)
運動が苦手、イライラしやすい、自分と向き合う時間があまり無いなど、、
たくさんのモヤモヤを抱えているのはしんどいですよね。
マインドフルネスは多くの著名人やスポーツ選手も実践しています。

マインドフルネス瞑想、やり方や効果も学べる無料公式アプリ配信開始!

外に出れない今だからこそ、新しい習慣を身につけて、心身ともに健康を手に入れましょう☆